貯水槽の法定点検

簡易専用水道管理状況検査

関係法令 水道法第34条の2及び水道法施行規則第55条、第56条、都道府県条例
対象となる建物・設備 簡易専用水道
受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるものをいいます。
小規模貯水槽
水道受水槽の有効容量が10立方メートル以下のものをいいます。
点検等の時期 簡易専用水道水槽の点検・清掃:1年以内ごとに1回
水質検査:1 年に 1 回
小規模貯水槽水道は給水条例に基づいて、貯水槽の管理及び自主検査が責務として定められています。
報告先 都道府県知事(保健所が設置されている市区長)(衛生上間題がある場合は保健所長)
資格者 地方公共団体の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた者